ありがとう。さよなら。

7月2日、いつか一緒に呑みましょう

久しぶりのブログ更新になります。

先日、母の兄(私にとってはおじさん)が亡くなったとの
連絡をうけて、しばらくバタバタとしていました。

母は9人兄弟なので、親族が集まるとものすごい数なんです。
私には従兄弟がたーくさんいるんですよ。
そのものすごい数の親族が年始とお盆には集まって
にぎやかに過ごしていたんですが最近は皆高齢になり
年賀状のやりとりくらいのお付き合いになっていました。

だからおじさんが亡くなったと聞いても悲しみというよりも
寂しいなぁ、という感じでした。
ずっと逢っていなかったから実感が無いというか。。

喪服、久しぶりに着るけど入るかな?とかお通夜お葬式って
どんな感じなんだっけ?なんて現実的なあれこれを心配
しながら数日過ごしていました。

でも親族と逢って、おじさんの遺影を見て、みんなと二日間
一緒にいるうちにたくさんの思い出がぶわーっと思い出されて
急におじさんの不在が悲しくなりました。

数年間の闘病生活の間、大好きなお酒も飲めず、体中の痛みも
あってほんとに辛かったと思います。

頑張ったおじさんに拍手。
おじさんをずっと支え続けたママに拍手。

おじさん、きっと今頃「やっと呑めるぜ~」ってお酒呑んでるよね?
まだちょっと先になると思うけど、いつか私もそちらに行くので
その時は一緒に呑みましょう。


いつも一緒にいる心ちゃんとこの二日間は離れていました。
帰ってきたら「おかえり!どこ行ってたのー?」って
元気にお出迎えしてくれて、ほんとに嬉しかったです。

20170701.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ご不幸があったんですね、大変でしたね。
私の父も母も8人兄弟、父の兄弟は全員亡くなり父だけが残ってしまいました、 母は母の下3人がまだ健在ですが それぞれ年老いて来ています、
親族(従妹たち)が集まるって こんな時だけになってきて私もちょっと寂しく感じています。
悲しい儀式なんですが 懐かしい顔がそろうってこんな時だけなんですよね
そして、昔の懐かしい思い出が蘇る!そんな時間を過ごして来たのではないでしょうか?
亡くなったおじさまも その様子をみて お酒を飲みながら笑って眺めていたのではないでしょうか、
ご冥福をお祈りいたします。
心ちゃん お利口さんにお留守番してたんです、 
   心ちゃん 偉いよ~!

御不幸があったのですね・・・
9人ですか・・・私は母も父も各7人 そして主人の兄弟も6人 私自身は3人なのですが おじさん おばさん たくさんでしたが さすがに少なくなりました
残念ながらこういう時しかなかなかお顔を合わせる機会ってそんなにないんですよね・・・
でもお会いすれば やはり次から次に小さい時を思い出しますよね
ママさんも 御不幸な中でも久しぶりにお話も出来たのではないでしょうか・・・
心ちゃんお利口さんにお留守番が出来て お出迎えも( ◠‿◠ )

おじさまのご冥福をお祈りいたします

叔母や親戚の人がなくなると寂しいですよね。
お葬式に行くと、ご家族からは「最後の顔を見てあげて」と言われるのですが、正直、最後のお顔はあまり見たくないのです。
元気だったころのお顔を思い出として覚えておきたいのに、病気で亡くなったりするともう、痩せたりして顔つきが変わってるのです。
そのお顔を最後に見ると、それが頭に残るのですよね。
でも、そういうわけにいかず・・・
おじ様のご冥福をお祈りします。

心ちゃんもお留守番で寂しかったね!
ママさんが帰ってきて喜んでお迎えしてあげたのね(^.^)

分かります~
日頃は会わないんだけど、親族が集まる時はワイワイ、おじさんおばさんって小さい頃からいて当たり前の存在だったのに・・・・。
寂しいですね。
いつもいる人がいないって。
うちもオカンさんの兄弟、弟と妹だけになったので寂しいです。
心ちゃん、お利口に留守を守ってたのね。寂しかったのはhotoさんですね(笑)

Re: タイトルなし

tibikarinnさん、こんばんは~i-1

ハハさんのご両親も兄弟がたくさん!!親族の集まりは
やはりにぎやかでしたでしょうねi-179
自分が子どもの頃はおじさんおばさんも皆若くて元気で
ほんとにワイワイガヤガヤだったのに一人減り二人減り
集まる機会も少なくなると寂しいものですね。

ハハさんのおっしゃるように、悲しいお別れの場とはいえ
久しぶりに親族集合となり懐かしい顔に囲まれて過ごしている間
昔の楽しい思い出も、次々蘇ってきましたよ!
そうですね。きっとおじさんもその様子を見てお酒を呑みながら
「お~みんな集まっとるな!」と笑っていた事と思います。

今回月末という事もあり相方さんが事務所を離れられず
私だけ出席だったので、心ちゃんは相方さんの傍で
いい子でお留守番していました。
私は家に戻ってすぐ心ちゃんの元へすっ飛んで行きましたよ~i-236

Re: タイトルなし

茶々ママさん、こんばんは~i-1

わぁ!tibikarinnさんも親族が多いとの事でしたけど
茶々ママさんもすごく多いですね!!
みんな集まるといつもとても賑やかだったのに一人また一人と
お別れをしなければならないのは悲しいですよね。

でもそうそう。子どもの頃一緒にワーワーと走り回った
従兄弟たちとも顔をあわせてお互い年取ったね~なんて
近況報告したり、昔話したり、(こういう場ではあるけど)
久しぶりに話せたことは嬉しくもありました。
以前逢った時は赤ちゃんだった子が大学生になっていたりして
なんだか時間がびゅんと飛んだような不思議な感覚でした。

感情があっちこっち揺さぶられた後、家に戻って
心ちゃんと相方さんの顔を見たら、なんだかとても落ち着きましたi-179

Re: タイトルなし

はなママさん、こんばんは~i-1

はなママさんのおっしゃる事、よくわかります。
遺影の写真は私の知るふっくらとした大声で笑うおじさんのまま
だったけれどお別れの時に見たお顔はやはり痩せて小さくなって
しまったおじさんで…最後のお別れだとはわかっていても見るのが
つらかったです。

だけど奥さん子どもたち孫たちに囲まれて最後は眠るように
息をひきとったと聞いて、「おじさん最高の最後じゃん」と
伝えました。きっとおじさんは「だろ?」って笑って言ったと思います。

そうそう。はなママさんのブログで「ワンコのスルー問題(笑)」
についてお話したばかりですけど、家に戻ったら階段の上で
心ちゃんが尻尾ブンブン振って待っててくれたんです!
「どこいってたのさっ!いつも僕の傍にいるのにいないし!」って
まとわりついてきて、喪服を着ている事もかまわず
心ちゃんに抱きついちゃいましたi-178

Re: タイトルなし

きょうねぇさん、こんばんは~i-1

そうなんですよね。久しぶりに逢ってもみんなが私の事知ってて
私もみんなの事知ってて、今まで何度も集まってワイワイしていた
おじさんおばさんは「いてあたり前の存在」だったから
こうして一人、また一人とお別れをしなくちゃいけないのは
寂しいですね。

そっか。オカンさんもお兄さん(お姉さん)とお別れしたんですね?
うちのオカンさん、兄さん姉さんとだいぶ年が離れた末っ子で
「これからもきっとこうしてみんなを見送らなくちゃいけないのね」
ってぼそっと言った時、すごくつらそうでした。
元気な甥っ子ちゃんがオカンさんを笑顔に戻してくれたから
甥っ子ちゃんには感謝だなぁi-179

そうそう(笑)
二日間離れて寂しかったのは心ちゃんよりむしろ私だね~i-229
帰った時心ちゃんが尻尾ブンブン出迎えてくれてhotoさん感激っ!!

叔父様のご冥福お祈りします

9人兄弟とはすごいですね
私の母も8人兄弟で大家族でしたから大昔の話ですが集まると大宴会になったものです
大皿料理が沢山ならんでそれはそれはにぎやかでした
そんな風景は同じなんでしょうね
懐かしい気持ちわかります

その時代があったからこそそうして懐かしんだり
悲しい気持ちにもなるんです
でも病気にしても老衰にしても今頃は大皿料理でお酒を飲んでいるかもしれませんね
ときどき思い出してあげるのもよい供養だと思います

時がまたひとつ流れていくんですね


でもこのタイトル先を読むのが怖かったです
だってもしやのブログ辞める告白かと思って~~~
そっちだったのですね

心ちゃん寂しかった?
きっとママさんはもっと寂しかったんだよ

Re: タイトルなし

ゴルくんのママさん、こんばんは~i-1

ママさんのお母様も8人兄弟ですか!
そうそう、おじさんおばさんとその奥さん旦那さん、さらに
いとこやらいとこの子どもやらで、た~くさんっ(笑)
みんな集まると大宴会になるんですよね~i-179
家中のテーブルを長く並べてその上には大皿料理がドーン!ドーン!
ママさんの記憶の中のにぎやかな集まり、きっと私と同じような記憶ですね♪

久しぶりに親族と逢ったら懐かしさに胸がきゅっとなって、
子どもの頃の記憶がぶわっとあふれてきました。
おじさんもきっとあの場所で、皆と一緒に笑顔で久しぶりの
お酒を呑んでいたと思います。

ブログタイトル、確かにっ!紛らわしかったですね~i-201
なかなか更新されない気まぐれ報告ですが、これからも
続けていきますよっi-265

きゃっ、ばれました?(笑)心ちゃんよりも私の方が寂しかったんですよ~
たった二日なのにねぇi-229

悲しいけど人生に別れはつきもの
思い出は残るのにね〜
とても辛い現実を知ってチョット凹んだ心
しんちゃんの寝転んだ呑気な背中や、我が愛犬の呑気な寝顔を見ているだけでホッとしますね

Re: タイトルなし

なおさん、こんにちは~i-1

人生に別れはつきもの、ほんとにそうですよね。
親戚と共におじさんを送った二日間、泣いたけど
楽しかった思い出を皆で話している間は皆微笑んでいました。
きらきらとした思い出は別れの悲しみをゆっくりとそっと
包んでくれるのだと思います。

なおさん、私も今なおさんと同じ気持ちです。
なおさんのおっしゃるように心が痛む時、ワンコの
穏やかな姿や瞳はほっとさせてくれますね。
心ちゃん、ありがと。ペロちゃん、ありがと。
プロフィール

hototogisu4

Author:hototogisu4
<心ちゃん>
我が家の坊っちゃんです。
宮城うまれの心ちゃんは
雪が大好き!

捨て犬だったので正確な
誕生日はわかりませんが
年末年始頃にうまれたと
思われます。
我が家で迎えた12月27日
を心ちゃんのお誕生日と
しようと思います。
2010年12月27日うまれの
心ちゃんは、
6歳8か月になりました。

<相方さんと私>
心ちゃんとワーワー暮らす
二人です。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カウンター