難しいよね~

3月26日、できる準備はしたいけど・・・

先日お散歩の途中で見かけたポスター。

被災動物ボランティア。
世田谷区で昨年から募集を始めました。登録制で
いくつかの事項に同意した人が区に同意書を提出、
もしもの時にペットに関する活動を行うとの事です。

心ちゃんとポスターの前に立って読んでいたら
通りかかった人から「へー、地震があっても避難所で
ワンちゃんも一緒にいられんだ?ボランティアさんもいて
安心だね。」と声をかけられました。
でも実際はなかなか厳しい避難環境が予想されます。

20170321-1.jpg


今現在世田谷区が認めているのは「同行避難」まで。
建物の一部分をペット連れの人用の避難場所にするとか
テントなどで人とペットが一緒にいられるようなエリアをつくる
という「同伴避難」までは認められていません。今のところ。

区が毎年実施しているペット同行避難訓練に参加された
かたによると、区が避難してきた犬猫用に準備しているのは
ブルーシートのみだそうです。
避難してきた飼い主は地面にブルーシートを敷きフェンスや
鉄棒などを柱代わりにもう一枚のシートで屋根をつくり、
飼い主が持参したケージ・キャリーを並べるように、と。
そこが犬と猫の居場所。
雨も強風も雷も寒さも暑さも怯えによる鳴き声も
考慮されていないこの状況では、
一緒に避難「できる」と言われても…
多くのかたは避難所に向かわないんじゃないかと思います。

ボランティアに登録しておこうかな?とか以前の問題で、
私は心ちゃんと避難所へは行かないです。
行けないです。

犬猫アレルギーのかた、嫌いなかたがいる事も
鳴き声や糞尿で迷惑をかけてはトラブルの元になる
っていう事もわかります。

でも、ですよ。

世田谷区には現在36000頭以上の犬が登録されていて
猫も同じくらいの頭数だと考えると犬猫合わせて約7万。
世帯数は47万弱との事だから、多頭飼いの家とかも
考えるとざっくり計算で6~7軒に1軒は犬か猫と
暮らしています。そのほとんどが室内飼いです。

雨風をしのげる屋根のある場所を一切割り当てられず
ブルーシートって…
敷地の端っこに犬猫を置いて飼い主は建物に避難って…

ないわ~と思うんです。

ボランティア募集とかペット同行避難訓練とか、
区が災害時のペットの事を考えてくれているのは
伝わってきます。
だけどもう一声、「同伴避難」までの道のりは遠そうです。

たとえば犬猫の飼い主さん達で同伴避難用のテントを
お金出し合って買ったら、避難所の備蓄品保管庫に
置かせてもらえるでしょうか?
同伴避難を許していただけるでしょうか?

あ~考えがまとまらないうちにこんなに長い日記になって
しまいました。

もしもの時に犬猫連れではないかたも、犬猫も、飼い主も
トラブルやストレスがなるべくないような避難所にするには
区に頼るだけじゃなく、飼い主みんなが考えて備える事が
大切だと思うんですけど「じゃあどうすれば?」って
いうのは簡単には答えがでませんね。

しっぽフリフリ「今日はひとまず、寝ましょうよ」

20170321-2.jpg

そうします(。・ω・)ノ゙


※長い独り言を読んで下さったかた、ありがとうございます
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんですこの問題には簡単な答えがないのです
人間もぎりぎりの非難生活になるのですから
周りの人の意見もあるし犬や猫はらくらくとはいかないですね
でもでもですよ
なにか対策は見つけておかないと餌の確保もそうですが
やはり人間だけじゃないと考えなくてはねぇ
我が家は車生活でなんとか乗り切るつもりですが
どうなることやら
悩ましいですね
余裕があれば預かってあげたいですけど・・
どうなるかなぁ

私も連れて行かないよ😆
なんだろなぁ。外国みたいにペットの価値が高ければね。
日本て物扱いじゃない😵
最終的には私ら飼い主の意識が高ければペットの価値だって上がるはずなんだよ。
だからね、私らが今こおやって悩んだりイライラするのは自然で変化の過程でいいと思うよね。
ただちょっと時間がかかりすぎるんだけどね。

熊本じゃ少し有名な竜之介病院の院長が、東北震災に危機感を感じ、病院事態をシェルターみたいに立て替えて、実際熊本地震の時に何百とゆ人達ワンコが助かったんだけど、
その院長がこれじゃダメだって人を助けたいならペットを助けなきゃって署名を集めた事あって、賛同したんだけど、それ持って国会に行ったんだけど、はたして、どうなったのやら・・・・・・。
あべちゃんはそれ所じゃないかなぁ。
ん~(>_<)
早くサインしろよ!
そしたら日本中のウダウダ悩む飼い主が沢山安心して生活できるのに。
寄附だのナンだの、くだらない事にからまれとる暇ないでしょ(笑)頼むよべーやん

心ちゃん可愛いな。私も寝よう。

Re: タイトルなし

ゴルくんのママさん、こんにちは~i-1

頭の中であーでもないこーでもないってなってる私の独り言、
ママさん読んでくださってありがとうございますi-241

我が家ももしもの時は車生活だなーと考えています。
仕事で使っているハイエースが無事だったら
備蓄品と寝袋を積んで心ちゃんとそこで1か月くらいは
いられる準備をしてきました。
ただ我が家のあたりは首都直下地震を想定した
ハザードマップによると危険度4。
5段階のうち上から2番目の危険度なんです。
古い木造住宅が多く道も狭くて、倒壊や火災が起これば
やっぱり心ちゃんを連れてどこかへ逃げないといけません。
そうなると一気に「どうしたらいいんだろ…」って
なっちゃうんですよね~

避難所に犬猫と避難する飼い主はケージと5日分の食料、
その他犬猫に必要なものを持ってくるように、って
書いてあったんで以前試しに折りたたみのケージと5日ぶんの食料、
水、トイレグッズ、実際用意してみたんですよ。
中型犬1頭分でも、かなりのボリュームです。
これ持って心ちゃん連れて火災から逃げて避難所に行くって
到底無理だわ、と思いました。
避難所には人間用のものしかない、ペット用は各自持ってきて。
というのは理解できます。が、実際「持参して避難」は
ハードル高すぎ…
犬猫だけ連れて着の身着のまま逃げてくる人だって
多いんじゃないかと思うんですよね。
飼い主側が用意するから、予備のケージや食料やテントなどを
あらかじめ避難所内の備蓄品保管場所に置かせてもらえないだろうか?
と思うんですがそれもまた…場所やら管理やら飼い主同士の
意見の対立やらで難しいんですよね。ほんとに悩ましいですi-182

Re: タイトルなし

きょうねぇさん、こんばんは~i-1

「私ら飼い主の意識が高ければペットの価値だって上がるはず」
↑きょうねぇさんのコメントに超超同意しますっ!

フンを放置したり無駄吠えを放っておいたり、そういう
飼い主さんを普段から目にしているご近所の人はやっぱり
犬猫は迷惑だ!ってなっちゃいますよね。
犬猫の飼い主=ルールを守れない っていうイメージを持たれたら
避難所での犬猫の受け入れ方だっていつまでたっても
改善なんてされないし。飼い主の意識、そこ重要ですね。
前からよく話題にあがっているように、もういっそ
免許制にしちゃえばいいのにと思うよ。

そう!竜之介病院の記事をほんとによく目にしましたよ~
同伴避難を受け入れて下さって飼い主さんもワンコもどれだけ
心強く、安心して過ごせただろうかと思うと院長の準備と
行動には感謝でいっぱいですねi-179
でも個人での備えにも限界があるからやっぱり国なり
都道府県なりが避難所のあり方の参考にしてくれるといいよね。
エコノミークラス症候群、今のままじゃまたたくさんの人が
同じことになっちゃうよ。。

もうほんと、地震とそれによる大規模火災が起こらないように
祈るしかない今の状況、もし今首都直下とか起きたら
「間に合わなかった…」とものすごく悔やみそう。

>頼むよべーやん

↑べーやん(笑)

そうですね難しい問題です。
悲しいけど今の日本では同伴避難は理想の理想だと思う。
日本人は他人に迷惑を掛けることが苦手だもの
どうしたってまわりに気を使い遠慮しちゃいますよね。
まったくどうしたらいいんだろう…
今もし、何かあったら
我が家では車の中か、野宿(笑)
田舎だからね
もしもの時のため準備が必要な事は十分わかっていても
日常に流されてしまっているのが我が家の現状
でも、愛犬を守り抜く自信だけはあるなあ〜

避難所で学校の離れたところのひと部屋をワンちゃん同行の人の部屋にしてるところもありましたね。
うちの市ではどうなんだろう?
そういう話も出てない状態です。
うちはもしもなにか会った時は車で過ごすと決めています。
はなだけをどこかに連れて行くっていうのはできないですからね。
まだまだ動物よりも人間優先って考えがありますからね。
動物も家族だからというのは理解してもらえないのでしょうね。

Re: タイトルなし

なおさん、こんばんは~i-1

なおさんもやっぱりもしもの時は車か野宿(笑)ですか。
ゴルくんのママさんもきょうねぇさんも避難所へは
行かないなぁとおっしゃってたし、私もそう。
近所のワン友さん達もみんな車での避難生活を選択していました。
確かに同伴避難っていうのは難しいですよね。

鬼怒川氾濫の時も熊本地震の時も避難所がテレビにうつると
雨に濡れてしまう外のエリアで飼い主さんとワンコが何日も
過ごしていて、自分も(家も車もだめになったとしたら)
そうするだろうなぁと思いながら見ていました。

ほんとにどうしたらいいんでしょうね…
とにかく地震は避けられないのだとしたら後は
大規模火災が起きずに家か車にいられる事を
祈るしかないですね。

Re: タイトルなし

はなママさん、こんばんは~i-1

そうなんですよね♪
避難所によっては同伴避難可能な部屋がつくってもらえる
場合もあるって事がかすかな希望ですね。
でもな~我が家の避難先として指定されている学校では
望み薄、っていう気がします。
そんなに広くない上に近くに大きなマンションがあるんですよ。
住んでいる人の多さを考えると避難所はきっと人であふれてしまって
「なんで犬猫用に部屋を提供しなきゃいけないんだ!」みたいな
意見を言う人とトラブルになりそうな感じが…。

はなママさんももしもの時は車で過ごすと決めているんですね。
コメントいただいた全員が「避難所は行けないな」と考えて
いる事になります。これじゃあ同行避難が認められたといっても
認められていない時と同じですよねi-182

今は違うのかもしれませんけど東日本大震災の時、避難所に
行かなかった人は避難者としてカウントされず支援物資も
しばらくの間もらえない人たちがいました。
もうワンコと車で避難して自分達で乗りきると決めたら
とにかく考えられるだけの備蓄をしておくしかないですね。
あぁ考え出すとまた頭の中がぐ~るぐるですi-6

被災動物ボランティア! そこまで考えている所もあるんですね、その先が進まないのは これからの事でしょうから 徐々に考えていくことになるのでは、先ずは一歩かな?
と言う我が家も やはり車で過ごすことになるでしょうね!
田舎ですから何処にでもなんとかなるだろうの気持ちです、先日 消防署の方の防災にあたっての話を聞く機会があり その時 花梨地方 いつ起こってもおかしくない活断層の上なんだそうです、山形は大きな災害がないと安心しないでくださいとの話でした。
東日本の震災の時
我が家は花梨のフードは買え置きありましたが フードがなくて困っている方結構いましたよ、そんなペットの被災した時の準備も大切ですよね!
田舎の考えなんだろうけど
避難所にペット連れで行けば きっと苦情があるでしょうね!
それでさえ家飼いワンコを嫌うお年寄りが多いのですからi-203
地域性ですね!
ワンコ飼いの方にとっては家族ですもの 目の届くところに置いておきたいですよ、トラブルの原因になるなら自分から近寄らず自分で何とかするしかないかと考えています。ただ車の避難も暖かい季節なら良いけど
寒い時はガソリンの問題もありますよ!
ホント、考えれば考えるほど 混乱してきますねi-181i-203

Re: タイトルなし

tibikarinnさん、こんにちは~i-1

そうなんですよね。ペットについては何にも考えられて
いなかった時に比べたら、災害時の動物の事を考えて
もらえるようになった事は一歩前進なんですよね。

避難所に一緒に避難してきた動物達のお世話をする人以外にも
「うちの土地、動物の避難に使ってもらっていいですよ」
「ネットで外部に状況を発信しますよ」という人も募集している
そうなので多くの人にまずこの「被災動物ボランティア」
というものがあるって事を知ってほしいと思いますi-179

tibikarinnさんも車に避難と考えていますか。
やっぱり皆さん車ですね~
tibikarinnさんのおっしゃるように、他の避難者の方との
トラブルや苦情、それから「一緒にはいられない」っていうのが
心配になってしまうんですよね。
でも確かに!寒い時、暑い時など車で避難するにしても
考えなきゃいけない事がいっぱいありますね。
熱中症とかエコノミークラス症候群も怖いし。

そうそう、考えるほど混乱してきちゃうんですよねi-229
とにかく思いつくものを備えとして用意して、
後はもう火事が起こらない事を祈るしかない!
っていう状況です。
プロフィール

hototogisu4

Author:hototogisu4
<心ちゃん>
我が家の坊っちゃんです。
宮城うまれの心ちゃんは
雪が大好き!

捨て犬だったので正確な
誕生日はわかりませんが
年末年始頃にうまれたと
思われます。
我が家で迎えた12月27日
を心ちゃんのお誕生日と
しようと思います。
2010年12月27日うまれの
心ちゃんは、
6歳9か月になりました。

<相方さんと私>
心ちゃんとワーワー暮らす
二人です。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カウンター