ただいまー

3月13日、東北から帰ってきました

3月10日から12日、東北へ行ってきました。
常磐道でいわきへ出て、そこから海沿いを北上し釜石へ。

3月11日、14時46分は釜石観音でむかえました。

高台にたつ釜石観音像。エスカレーターでのぼります。

20170311-1.jpg

以前来たときは観音様の内部のらせん階段を
心ちゃんを抱っこして展望台までのぼりましたが
この日は人も多かったので海を見渡す場所の
端っこにいさせていただきました。

20170311-2.jpg

街には「14時46分、サイレンが鳴ります」と放送が流れ
その時間が近づくにつれ多くのかたが海の見える場所に
並び、美しく穏やかな海を静かに見ていました。

20170311-3.jpg

心ちゃんも。

20170311-4.jpg

サイレンが鳴り、怯えてしまうかもしれないと心配して
相方さんは心ちゃんを抱っこし黙祷を捧げましたが
心ちゃんは落ち着いてじっとしていました。

今回、岩手宮城福島で震災後に知り合い、お逢いすると
近況報告などお互いの事を話せる皆さんと再会してきました。
いろいろなお話をうかがって胸が苦しくなることもあるけれど
お互い元気で「また来ましたー」「おー!来たの!」って
顔を合わせることが出来るって事は嬉しい事です。
皆さんありがとうございました。また、ひょっこり行きますね。
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

やはり被災地であの時間を過ごして来たんですね、
テレビの現地の様子を見ていて
3・11のあの時間を、あの津波の事を
被災地の方はどんな想いで迎えたのかと思うと
目頭が熱くなってしまいました。
6年が過ぎて、現地の様子はどうでしたか?

おかえりなさい
きっと東北に行ってるんだろうと思ってました
あの日と同じ日同じ時間
被災された方達はどんな思いでいたのでしょう
海は6年前のあの日がまるでなかったかのように
穏やかですね
心ちゃんもお祈りしてくれたのかな??
被災したお友達もいっぱいいましたからね

あのときの空の色もサイレンも海に消えていった人たちもなかったことにできららいいのに
家族が揃い
空も青く
海も穏やかで
あんなことがなかったようなそんな素振りをしながら強く生きていらっしゃる人たちに
どんなふうに接したらいいのかかわからない私は駄目ですね
ママさんは寄り添う強さとやさしさをお持ちなんですね
すごいです見習わなくてはと思います

心ちゃんが行けばみなさん気持ちが楽しくなります
ワンコにはそんな力がありますものね

今ある幸せに感謝して
また明日もがんばろうと思います

今年の3.11私はテレビで黙祷させていただきましたが ママさん達は皆で被災地に行かれていたのですね・・・
何年経っても 被災地の方は忘れる事はないし 進まない復興にもいらだちもある事と思います
こんな穏やかな海なのに 自然の恐ろしさを改めて感じました
心ちゃんも お利口さんに黙祷ですね


茶々へのお祝いコメントありがとうございました(*^_^*) 

ちょうどあの日に行かれてたのですね。
その場で黙祷が出来て良かったですね。
心ちゃんのふるさとですものね。
まだ不便な思いをされてる方がたくさんいらっしゃるのでしょうね。
なんの力にもなれないけど、忘れたことはないので、いつか行ってみたいと思っています。
それにしても心ちゃん一家はフットワークがいい!

Re: タイトルなし

tibikarinnさん、こんにちは~i-1

物資を運んでいた頃にはまだがれきが散乱していて
あちこちで行方不明者の捜索がされていた場所も
1年…2年…と進むにつれがれきが集められ、県内外に
運びだされ、更地が広がり、かさ上げ工事が始まり
どんどん景色が変わって行きました。

今回かさ上げ工事が終了した場所に新しい家や道が
たくさんできているのを見ました。
仮設だった家や商店も取り壊されて新たな復興住宅や
仮設ではないお店になっていたり、確実に
「あたらしい街づくり」が進んでいました。
でもあまりに広範囲で被害がありましたから
これからも時間はかかると思います。

津波で防風林が無くなりいつも強風が吹いているうえに
ものすごい数のトラックが毎日毎日小さな街を行き来する、
その土ぼこりが舞い危険な道の端をおばあちゃんや子どもが
歩いている姿を目にすると、胸が痛みます。
もともとは海の近くの静かな場所だったのに
6年間ずっと工事、工事の毎日。
だけどそのたくさんのトラックががれきを運び出し
土を運んできて、街が出来ていくんですものね。
あたらしい街が完成し、今、耐えていらっしゃる
皆さんが静かで穏やかな暮らしを一日もはやく
取り戻せるようにと願っています。

やはり行かれてましたか(^_^)
私も家で、震災TV漬けでした。
何度見ても、胃がギュウーって痛くなります。
心ちゃん、鳴り響くサイレンが大事な音だって分かっていたんですよね。
うちのは町中に響くサイレンが聞こえているのかいないのか・・・
いくら耳が遠くなったにしても、聞こえてないとは思わないのですが、お庭の日陰で寝てたようで7192( ̄▽ ̄;)へへへ

Re: タイトルなし

なおさん、こんばんは~i-1

穏やかで美しい海を見ていると私もあの日の
黒い壁のようにせまってきた海と同じである事が
信じられないです。
釜石観音に到着したのは黙祷のサイレンがなる30分前
くらいだったんですけど、雪がちらついていてとても
寒かったです。
地元の皆さんが「あの日と同じだね」って話していて
この震える寒さの中、濡れた服や上着を着ていない状態で
建物の屋上や高台で一夜を過ごされた皆さんが
どれだけ怖くて不安でつらくて寒かったか…と思いました。

心ちゃんが震災の日にお世話になっていたあずかりさんの
お家も津波の被害がありましたが波が来る前に
二階に連れて行ってもらった為助かりました。
大変な状況の中、守っていただいた心ちゃんの命。
里親として大切に大切に育てようと思います。
黙祷の時、相方さんの腕の中でじっと海を見ていた心ちゃん、
お祈りしていたのかもしれませんね。

Re: タイトルなし

ゴルくんのママさん、こんばんは~i-1

なかったことにできたらいいのに…
ほんとにそう思わずにはいられませんね。

物資を避難所に運んでいた頃、避難所の外で集まっている
男性達がいたんですがその中に昼間からゴクゴク日本酒を
飲んでいるかたがいたんです。
子ども達があきれたような声で私たちに
「もーこの人お酒ばっかり飲んでるんだよー」って
言ったんですけど、そのかたは「毎日毎日親戚や
仲間だった奴の葬式に行ってるんだ。しんどいぞ?
酒くらい呑ませてくれよ。弔い酒弔い酒!」って。
「だからって呑みすぎー!」って子ども達に言われると
ゲラゲラ笑って。でもやけになっているかというと
そうではなくて、私たちが持ってきた物資の説明をすると
真剣に聞き、組み立てが必要なものを一緒に組み立てて
下さったり。

悲しみ、辛さが心の限界をこえている。
だけどやらなきゃいけないことも山積み。
子ども達の前では明るく優しく頼もしい大人たち。

こういうかたとたくさんお逢いするうちに心が
揺さぶられて「ずっと行き続けよう」と思いました。

そうそう。東北のかたって心ちゃんサイズの雑種や
もっと大きなワンコと暮らすかたが多いようで
慣れてるんですかね?おばあちゃんも小さな子も
「かわいいワンコだね~」って笑顔で接して下さいます。
その笑顔に私もワンコの力ってすごいなって思います。


Re: タイトルなし

茶々ママさん、こんばんは~i-1

本当に自然の恐ろしさ、津波の恐ろしさって
こういう事なんだってあらためて思いますよね。
目の前に広がる美しくて穏やかな海が一変して
あんなに大きく強い力になって迫ってくるなんて…

今年は七回忌にあたる年なので、車で移動していると
道の脇に「○○家→」という法要の案内看板がたくさん
並んでいました。福島、宮城、岩手と移動しても移動しても
看板があり、あの一日でこれだけ広い範囲で
これだけ多くのご家庭のこれだけ多くのかたが
亡くなったのだと胸にズシンとくるような感じでした。

心ちゃんも震災の時、津波の被害の大きかった石巻の渡波に
いたのだと思うと、守って下さったご家族とアニマルクラブ
石巻の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

そういう意味でも3月11日には毎年東北で
心ちゃんと一緒に黙祷をささげるようにしています。

Re: タイトルなし

はなママさん、こんばんは~i-1

相方さんがめちゃくちゃ忙しくなる3月ですが、
やっぱり心ちゃんと出逢うきっかけとなったこの日は
毎年東北で迎えたいと、無理やり日程を調整してでも
行っています。
親しくなった皆さんとも逢えてワンコに優しい釜石観音
という場所で心ちゃんと一緒に黙祷をささげる事が叶い
よかったです。

親しくなった皆さん、というのはお店のマスターが
多いんですけど皆さん被災後まわりにお店が無くなって
自分のお店も津波で流されてしまって…という時期に
「これじゃあ街の人が集まる場所が無い。なんとしても
はやくお店を復活させよう」と頑張っていた方達なんです。
流された店のローンを払いながらさらに新しい店の
再建のためのローンを組んで、二重三重の多額の借金を
背負う覚悟の上でお店を再建されてましたから、
その思いに応えたいと再建に必要なものを運んだり
単純にお客さんとして通っているうちに親しくなりました。
漁師さんも同じで、この海の自慢のものを失うわけには
いかないと借金覚悟で仕事を再開されました。

はなママさん、海鮮はお好きですか?
いつか東北に行った時はぜひとも三陸の海の幸を
堪能していただきたいです!

Re: タイトルなし

きょうねぇさん、こんにちは~i-1

震災当日の映像は何度目にしてもほんとに胸が
しめつけられる様ですよね。

3月って東京にいるとだんだん暖かい日も増えてきて
桜の蕾も今にも開花しそうにぷっくり、上着も薄く
なってくるんだけど、3月11日前後に東北に行くと
いつも雪がちらついて海側は風が強くて真冬に
引き戻されるような感じです。

こんな寒さの中、津波と繰り返す余震に皆さんは
耐えて一夜を過ごしたのだと思うと、14時46分の
黙祷の時間よりもその日の夜、いろいろな事を
思い出されるんじゃないかと思います。

心ちゃん、サイレンが鳴っている間全然動かず
じーっとしてました。
きょうねぇさんのおっしゃるようにホントに
サイレンの意味が分かっているようにも見えました。
ガクちん、サイレンが鳴っている時お庭の日陰で
寝てたの?(笑)
うんうん。怯えてパニックになってしまうより
寝てしまうくらいのほうが全然いいよね。
プロフィール

hototogisu4

Author:hototogisu4
<心ちゃん>
我が家の坊っちゃんです。
宮城うまれの心ちゃんは
雪が大好き!

捨て犬だったので正確な
誕生日はわかりませんが
年末年始頃にうまれたと
思われます。
我が家で迎えた12月27日
を心ちゃんのお誕生日と
しようと思います。
2010年12月27日うまれの
心ちゃんは、
6歳9か月になりました。

<相方さんと私>
心ちゃんとワーワー暮らす
二人です。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カウンター