降ったね~

2月29日、本当に積もったよ。


朝。目覚ましよりも先にゴトゴト音をたてたのは・・・


しっぽフリフリ「僕でーす!散歩!散歩!早く起きてー!」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0247.JPG

朝の散歩は私の当番ですが、私よりも先に起きていた

相方さんが代わってくれました。


玄関で見送る私を振り返り、心ちゃんが

目で言います。(←たぶん)

しっぽフリフリ「んもー。いつまでも寝てるから、

  誰かに雪踏まれちゃうじゃないのー!」

しょぼん「ごめんー」


寝坊したわけではないのに、怒られちゃいました。

さて。雪はまだまだガンガン降っています。

散歩から戻った二人はずぶ濡れでしょう。

お湯をわかし、玄関にシートを敷いてタオルを用意します。


ニコニコ「準備オッケーイ!」

戻ってくるのを待っていると・・・


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0248-1.jpg

帰ってきました。

心ちゃんはノシノシと、相方さんはトボトボと(笑)


暖かい日が続いた後のこの天気で、相方さんや私は

もうヤメテ、という感じですけど、心ちゃんはホントに

雪が好き。

しっぽフリフリ「僕、若いしね♪」

シラー「あら羨ましい」


明日の東京は晴れ、気温は16℃の予報。

全部とけちゃうよ、心ちゃん。


しっぽフリフリ「あのー次はいつ降ります?」

かお「たぶんもう降らないねー」

しっぽフリフリ「ちぇーっ。つまんないのーっ」


雪を待つ心ちゃんと、春を待つ私達です。

スポンサーサイト

明日の東京は雪予報

2月28日、相方さんは大好きだけど、僕もう寝なくちゃ。


寒い。

夕食のために誰もいなくなった事務所部屋は冷えてます。

食後に相方さんが月末処理と勉強のため事務所部屋に

行くと言うので心ちゃんと私もついてきました。


心ちゃんはいつもの「専務席」へ。

でも、相方さんの席は空席。


相方さんはストーブの前でまず暖をとっています。


しっぽフリフリ「あれ~?まだ来ないの~?」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0245-1.jpg

寂しそうな心ちゃん。

視線の先には相方さんがいます。

かお「ちょっと待ってねー」


少し暖まった相方さんが席に座ると、大喜び。


しっぽフリフリ「遅いよ~。なでてなでてラブラブ

ニコニコ「はいお待たせ~」


ご満悦の心ちゃんですが、相方さんには仕事が

あります。


しっぽフリフリ「僕、邪魔しないよ。」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0246-1.jpg

後ろからチラ見です(笑)

そして・・・寝ました。


明日の朝は雪が積もっている予想。

心ちゃんは相方さんが大好きだけど雪の散歩も

大好きなので、明日にそなえるそうです。


私も、ちょっと早起きしなくちゃ遅刻しちゃう。


相方さん、私達お先に寝ますねぐぅぐぅ

相方さんを応援するのだ!

2月27日、フレーフレー相方さんっ


しっぽフリフリ「あ、ども。心ちゃんです。

  最近僕、つちのこポーズにはまってるよ。

  これやると、二人が笑ってくれるんだー。

  どう?今日も前足しっかり隠れてるでしょ?」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0222.JPG

しっぽフリフリ「そうそう、3月に試験受けるから、相方さんは今

  お勉強中なんだ。昼間仕事終わったと思ったら

  夜はテスト勉強。

  僕は遊んで欲しいけど、いい子にしてるんだ。

  隣に座って、応援してるんだよ。

  フレーフレー相方さん!

  合格合格相方さん!ってね。偉いでしょ?」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0244-1.jpg

にひひ「寝てるじゃん!(笑)」

しっぽフリフリ「え?あっ・・・これは違うよ。

   ほんのちょっぴりウトウトしただけだよ。」 


心ちゃんの声援をうけて、相方さんも頑張れるそうです。


しっぽフリフリ「です!」

綿菓子~

2月25日、すっきり~


我が家に謎の物体が現れたねこへび


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0235.JPG

もにょもにょ。何だこれは?綿菓子?


しっぽフリフリ「ぶーっ!僕の分身(抜け毛)でーす」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0238.JPG


まだまだ寒いですが、晴れるとあたたかく感じる日も

じょじょに増えてきました。

気温の上昇と共に、心ちゃんの抜け毛も加速。

今日は雨の散歩だったので、そのあとシャワーと

ブラッシングをしました。

ブラッシング大好きな心ちゃんは

しっぽフリフリ「とってとって~♪」

と、普段よりもきっちりとしたおすわりやフセで

じっとしていてくれるので、ほんと助かります。


すっきりしたね、心ちゃんニコニコ

福島:ハイオク満タン

先日福島に行った時に購入した会津のお酒。


右から

天明 無ろ過 純米吟醸

会津中将 無ろ過初しぼり 生純米原酒

写楽 生 純米吟醸


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0231.JPG

もう天明と中将は全部呑んでしまいましたがしょぼん


仕事を頑張って、心ちゃんに癒されて

出来たてのおいしいお酒を呑むと

まるで「ハイオク満タン入りましたー」という感じで、

次の日も頑張れます。


よく働き、よく笑い、毎日頑張れる元気の源、

素晴らしい日本酒を世に出し続けてくれる

素晴らしき職人さん達に感謝です!

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

坊ちゃんの抜け毛

2月24日、疲れた~


今日は二人とも仕事が忙しかった。

予想はしていたので、朝から二人とも準備でバタバタ。


ケージの中に入った心ちゃんは

しっぽフリフリ「ちぇーっ。今日はどっちも遊んでくんないの?」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0233.JPG

このふてくされポーズで目だけをこちらに向けてきます。

ごめんね。心ちゃんのおやつ代稼がなきゃなのよ。


しっぽフリフリ「僕のおやつ代?なら、頑張って働いてーラブラブ


ニコニコ「かしこまりました。」


という事で、仕事から帰ってきてから遊びました。

最近抜け毛が多いので、遊んでいるうちに部屋中

毛だらけ。


遊んではコロコロ、遊んではコロコロ・・・きりがない。

抜け毛と格闘しているうちに毛深い坊ちゃんは・・・


しっぽフリフリ「すぴーすぴー」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0234-1.jpg

寝ました。


さて、寝室に連れていくか。

元気な事は、いい事だ。

2月23日、自由な男、心ちゃん。


朝の散歩は雨の中でした。


心ちゃんは元気に散歩。

いつも折り返し地点にしている公園を出ようとすると

踏ん張って


しっぽフリフリ「やだやだー。今日誰もいないし、もうちょっとー」

と訴えます。


もうちょっとどころか、結局いつもよりもかなり長く公園で

遊び、足もお腹も土だらけです。


家に戻り、足の土を洗い流し、毛深い(笑)心ちゃんを

乾かして朝ごはん。


しっぽフリフリ「ふー。よく歩いたからお腹すいちゃったよー」

かお「でしょうね(笑)」


私もその後びしょぬれになった上着を拭いて、髪を乾かし、

やっと一息つきました。ふぅ。


今日は私、お仕事休みだったので、助かりました。

仕事なら遅刻でした。


いつも通り、食後はまた元気復活!な心ちゃんは

ひと暴れ。というか大暴れ。何だ今日は。元気すぎる!


しっぽフリフリ「ふー。お腹もこなれたし眠くなっちゃったよー」

かお「でしょうね(笑)」


しっぽフリフリ「寝るねー。あ、起きたら遊ぼうねー」

かお「自由だねぇ、君ぃ」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0229-1.jpg

いつもは途中途中で目を覚まし、かまってちゃんに

なる心ちゃんですが、今日は長い事爆睡してました。

疲れたんだねにひひ


毎日ドタバタしてるけど、心ちゃんが元気だと

私達も嬉しいよラブラブ

福島:守る人

2011年3月、いわきにある老人介護施設に向かった。

大人用おむつ、食料、水、衛生用品を積んで。


この頃、いわきは水が出なかった。

避難所は市の職員さん達が常駐しているところが多く、

何人いるのか、何があって何が不足しているのか、という事が

情報として挙げられる状態にあった。

だから介護が必要な方がいらっしゃるであろう施設を優先した。


物資を積んで、とは言っても、この頃東京でもいろいろなものが

品薄状態であった。

個数制限のかかっていないものや、大袋で買える業務用スーパー、

大きな薬局をまわり必要なものをそろえていった。

今思えば「数日もつかどうか」という量しか持っていく事は

出来なかった。

なので規模のあまり大きくない施設に絞った。


いわきに入り、老人介護施設の一覧を元に電話をかけてみた。

その中の一つに、電話が全くつながらない施設があった。

話し中なのではなく、電話自体が機能していなかった。

気になった。


施設の住所を手がかりに近くまで行ってみた。

周りの住宅はどこかへ避難しているのか

雨戸が全てしまった家が多く、車もほとんど通っていなくて、

店も閉まっていた。


いわきは広い。

一口に「あの頃のいわき」と言っても、地区ごとに状況が

異なる。

この施設のある地区は、特に人がいないように見えた。


「施設の皆さんも、避難されたのかもしれないね。

 誰もいないのかもしれないね。」


連絡がつかない理由が「いないから」であれば安心だけど、

もしも孤立状態になっていたら・・・と想像すると、

急がなきゃと思った。


施設に到着し、突然の訪問なので手前で車を停め、

相方さんがまず車を降り、施設の方を探しに

入口から中へ入っていった。

人は、いる。


車で待つ私。

5分たっても、10分たっても、相方さんが戻ってこない。

「何か、あったのかな・・・」

車を降りて建物に向かおうとした時、相方さんが戻ってきた。

無言で足早に運転席に乗り込んだので、不審に思われ

何か言われたのかなと思ったら、建物の入り口に車をまわした。


二人で持ってきたものを降ろすと多くの職員さんが入口に

集まってきた。


「奥さん待ってたの?長話しちゃってごめんなさいね」

「やー本当にありがとうね。遠かったでしょ?」

「おむつだ。助かったー」

「ここに来るの、怖くないんですか?」

「あー!みて。チョコもあるよ。」

「東京はどんな感じですか?息子が東京で・・・」


・・・驚いた。

皆さん本当に明るい。

皆さんの話によると、支援も無く、職員さんの人数も減り、

仕事は倍以上になり、自宅も手つかずのまま、水汲みをし、

食事をつくり、施設の方をお世話しているという。

不安や疲れや不満も相当なはずなのに、

とても穏やかで、とても明るい皆さん。


代表者である奥様は「もうね。おむつも足りないし、

米はあるけど具がなくて、今日のおにぎりの味付けは

どうしよーって感じだったのよ。

シャケフレーク、助かるわー。

家もぐちゃぐちゃのままだけど忙しくて今は帰れないし、

着替えもないから若い子の服かりてるの。

ふふ、変じゃない?困っちゃう」

といった。だけど、笑顔だった。


手を清潔にしておかなければならないのに、水がない。

おむつを替えてあげたいのに、おむつがない。

助けが必要なのに、助けがない。

人手が必要なのに、人がいない。


津波の被害があったわけではない地区なのに、

道は通れるのに、とにかく人、物、情報が不足していた。


代表者の旦那様は「いい出逢いです。これからは新しく

親戚が出来たと思って、いつでも遊びに来てください。

我が家も夏が来るころまでには片づけて、ちゃんと

迎えられるように準備しますから。」

といった。


守る人。

皆さんは、自分も被災したという事を忘れているかのように、

施設の皆さんの事に必死になっていた。

させられているのではなく、「私がやるんだ、守るんだ」

という意志で。


施設の中にいる方々も、穏やかに過ごされていた。

きっと、職員の皆さんが「不安にならないように」と明るく

いつも通りを貫いて接していたからだと思う。


「いわきを出て行った子(職員さん)もいるけどさ、

 仕方がないよね。こんな状況だもん。

 私達は残ると決めたからさ、頑張らなきゃ」


こちらの施設にはその後複数回足を運んでいる。

近況をお手紙でいただいたりする。


大変な状況にありながらも、誰かを恨むのではなく、

今まで通りの気持ちのまま働き続ける、守る人達。

適切な言葉が浮かばないけれど、心から

「すごい」と思った。

今まで自分勝手に生きてきた私です。

だけどもしもまた日本に大きな震災や災害があったら

そして私が無事だったら、皆さんのあの日の姿をきっと

思い出すと思います。


守る人に、守れる人に、私もなりたいです。

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

嫉妬しちゃう!

2月21日、わたくし、嫉妬しております。


相方さんのお仕事は3月がとても忙しいのです。

なので、2月にはその準備である書類作成が山もりあって、

事務所部屋にこもっております。


書類つくって、関連業者と連絡を取り合って、

私が仕事から帰ってくる頃にはヘトヘトなのです。


そして心ちゃんも。

私が仕事から帰ってくると、昼間ずっと一緒にいた

相方さんに寄り添っていて、私が呼びかけても

反応薄っ!なのです。


見て下さい。これ↓
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0216-1.jpg

心ちゃん用の席が相方さんの後ろに用意されていて、

心ちゃんは相方さんを見守ったり、ときどき寝たり、

いやだいぶ寝たり(笑)

とにかくうちの男子二人は私の居ぬ間にラブラブなのです!


ずるいずるいずるいっ!


この日記を書いている今も後ろで二人は仲良く

寝ています。


ずるいずるいずるいずるいっ!!


えーわたくし、嫉妬しております(笑)

日なたでウトウト

2月19日、今の我が家


今日もとってもいい天気。

ストーブを使わなくても、日なたはポカポカ。


午前中、心ちゃんの使っているクッションや毛布をほして

家中の掃除をしました。


相方さんや私の後ろをくっついて

しっぽフリフリ「何やってんの?何やってんの?」

とのぞきこみウロウロしていた心ちゃんですが

お昼になり、さすがに眠くなったようです。


日なたはまぶしいかと思いましたが・・・


しっぽフリフリ「日なた気持ちいい~ぐぅぐぅ
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0205.JPG

あれ。相方さんまで・・・

かお「昼食ったら眠くなっちゃった~ぐぅぐぅ


そして箸置きの、この子達も・・・

パンダ「日なた気持ちいい~ぐぅぐぅ
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0219.JPG

みーんなお昼寝です。

夏子の酒

私達夫婦の日本酒好きに拍車をかけたのが

漫画「夏子の酒」です。


夏子の酒は、こんなシーンから始まります。


兄の体調が悪いと聞き、東京で働く夏子が2年ぶりに

新潟の実家に戻ってくる。

兄の余命はもってもあと1年。

でも兄は、幻の酒米を復活させようと、必死で動いています。

自分の余命があと1年である事は、彼は知りません。

(↑本当は知っていたかもしれませんが)

そんな兄が、東京に戻る夏子に言います。


「夏子!秋に戻ってこい!

 刈り入れの頃だ おまえに見せてやる!

 龍錦(注:漫画の中の幻の酒米)がうちの田んぼに実ってる

 ところをさ!!

 夏子!黄金色の稲穂がこう!一面にバアーッとだぜ!」


これが、夏子と兄との最後の言葉になります。


2011年、春・夏・秋・冬と東北に行かせていただきました。

東京から北へ北へと向かう道、両側が田んぼの所が

多いのです。右も左も、ずっと向こうまで田んぼ。

田植えの時期から、稲穂の成長、そして刈り入れまでを見させて

いただきました。


「この前通った時よりも、成長したね」


二人で、むちゃくちゃ喜びました。

季節は巡り、あれだけの悲しい出来事があった中、

稲穂が育つ。

育てる人がいる。


秋、まさに黄金色の稲穂が一面にバアーッと広がる光景を

目にした時、心が震えました。


震災があってもなくても、私達はこの田んぼで育った

お米を食べ、それは肉も魚も野菜も同じ事。


そして日本酒も。


感謝と敬意と、エールを。

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

つちのこ発見!

2月18日、つちのこ発見!


バレンタインデーに石巻から届いた「カルン」の

ミルフィーユとハートチョコクッキーラブラブ

ありがとうございます!


我が家には男子が2人(1人+1頭)ですが、

心ちゃんはチョコだめなので、心ちゃんの分は

私がいただいております( ´艸`)シンチャンゴメンネ


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0210.JPG

心ちゃんが昼寝に入ったので、相方さんと本日の

カルンタイムを・・・と思ってコーヒーをいれ、

そーっと袋を開けました。


振り向いてみると・・・あっえっ


寝ていたはずの心ちゃんが私達をガン見してました。


しっぽフリフリ「ジーーーッ」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0211.JPG

あれ、心ちゃんかと思ったけど、足がありません。

これは・・・つちのこ!?

確認のため、全身写真を。

こちらです。


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0207.JPG

心ちゃん風ですが、これは、つちのこですね!

つちのこの懸賞金は確か・・・

生け捕りでは「2億円」!!


やりました。大金持ちですお金

やりすぎ?

2月16日、限度があるでしょ限度が


昨日、「ワイルド心ちゃん」というタイトルで日記を

書きました。

でも、石巻の皆様の知っている心ちゃんのワイルドさは

もっと何と言うか、違うのではないかと。


最近いい子な心ちゃんの様子ばかりお伝えしていたので

「あーあの頃のままだねぇにひひ」という姿を撮ろうと

心ちゃんの夢中になる∞ロープを渡してみました。

撮りたての写真でお送りします。


しっぽフリフリ「ワイルドな僕ね。よしっ、見ててよー?」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0180.JPG


しっぽフリフリ「うらーーっ」

ニコニコ「おっ、ワイルドだねぇ」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0186.JPG

しっぽフリフリ「とりゃーーっ」

ニコニコ「くすっ。のってきたね!」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0184.JPG


しっぽフリフリ「ふがーーっ!!」

えっ「ちょ、やりすぎ!」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0187.JPG


しっぽフリフリ「だってぇ、ワイルドな僕でしょ?」

ガーン「うん、そうなんだけどさ。怖いでしょこれじゃ」

しっぽフリフリ「そうね。あ、いい子な僕もお伝えしてよね。

  みなさーん。僕、この後ほねっこもらう時、

  ちゃんとお座りして、マテもできたのよラブラブ

 
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0189.JPG

しっぽフリフリ「暴れたら眠くなっちゃった。

  ちょっと失礼して、僕お昼寝するね」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0195.JPG

ニコニコ「はい、おやすみ」


心ちゃんは今日も元気です!

ワイルド心ちゃん

2月15日、ひげは切らないよ。


心ちゃんにはワイルドなひげが生えています。


先月病院でシャンプーする時に「ひげ、切ります?」と

聞かれました。

「いえ、切らないで下さい」と答えました。

ワンコと暮らす皆さんはひげ、どうしているんでしょう。


私は心ちゃんのワイルドなひげが好きです。

だからこれからもそのままで、と思っています。


しっぽフリフリ「キリッキラキラ
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0028-1.jpg


警察犬ごっこ

心ちゃんは顔と耳が黒いので、散歩中逢った方に

「あら、この子シェパードの血が入ってるんじゃないの?」

とか言われる事があります。

言われるとはいっても、まだ3回ですが。


実際に考えるとそれは無いだろうなー。

でも心ちゃんはなりきり警察犬(笑)

今日も捜査が始まります。



しっぽフリフリ「クンクン、ボス、このあたりが匂いますぞ」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0163.JPG

しっぽフリフリ「ボス!手がかり発見です!」

にひひ「(それは心ちゃんの足跡でしょw)」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0165.JPG

しっぽフリフリ「こっちも怪しい。

  ボス、山道は危険ですから、

  こっから先は僕が行ってきます!」

かお「何が怪しいのw」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0170.JPG

しっぽフリフリ「ボス!ボス!足がはまってしまいました!

  うわーん助けてーあせる
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0172.JPG

えっ「心ちゃーん!」


・・・何の捜査か知りませんが、捜査は打ち切りです。

また裏磐梯

2月13日、桧原湖に行ったよ。


しっぽフリフリ「あ、ども。心ちゃんです。

  福島に用事がありまして、また裏磐梯に

  来ちゃいましたよ。すごいの、これ湖ですよ。」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0144.JPG

しっぽフリフリ「車から降ろしてもらったよ。

   あの小屋はなぁに?え、わかさぎ釣り?

   僕も行くー!」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0147.JPG

しっぽフリフリ「見てこれ。広いねー。

  広すぎるよねー。

  ずーっと向こうまで、この下は水なんだよ。」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0150.JPG

しっぽフリフリ「よーし、僕もわかさぎ釣る!っていうか、掘る!」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0151.JPG

しっぽフリフリ「ガシガシガシガシ・・・いないね、わかさぎ」

かお「もっともーっと下まで掘らないと。」

しっぽフリフリ「え、そうなの?もう疲れちゃったからやめよっと」

えっ「なにそれ!」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0154.JPG

ショック!「帰りの上り坂はきついっ。心ちゃん、引っ張ってー」

しっぽフリフリ「おうっ!まかせなさーい!」


しっぽフリフリ「天気もよくって、楽しかったー。

   今度行った時は、絶対わかさぎゲットするぞー」

スヤー

2月13日、疲れちゃった


たくさん運転した相方さん。

たくさん走った私。

たくさん遊んだ心ちゃん。


こんな日は、みんなで早く寝よう。


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0179.JPG

中型犬用ありませんか?

2月11日、小型犬用だったのか!


心ちゃんはこの子が好き。


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0140.JPG

だけどこの子は数分しかもたない。

なので初号機から5号機までスタンバイさせました。

初号機・弐号機はすでに年末年始に破壊済。

今日はなかなかお昼寝せず、元気すぎたので

久しぶりに3号機を出動させました。


しっぽフリフリ「この子好きーラブラブ


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0135.JPG

耳と尻尾はすぐに噛み切ってしまいます。


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0136.JPG

その後胴体部分を噛んで、お腹についている笛を

ならします。「プピ、プピ」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0137.JPG

そして前足でホールドし、顔の部分を執拗に噛みます。

怖いです。ウルフです。


中の綿が出てしまう頃、そっとちぎれた部分を

取り上げます。


これ、小~中型犬用コーナーに売ってたので

てっきり心ちゃんもOKのおもちゃかと思っていましたが、

札に「超小型犬~小型犬用」と書いてありました。

ちゃんと読めよ、って話です。


以前、このおもちゃは強度が弱い的な事を書いて

しまいましたが、中型犬である心ちゃんがマジ噛みすれば

そりゃすぐに壊れます。


ぺティオの皆様、申し訳ございませんでした。

心ちゃん、4号機、5号機はもう遊べないよ。ごめんね。


かわいいし安いし、中型犬用、ありませんかね?

サンボマスター:ラブソング

私は母子家庭で育った。

父は、仕事中の事故で亡くなった。


私も妹も幼すぎて、父の記憶は本当にうっすらとしかない。

でも兄は、はっきりと憶えている。


朝、いつものように「じゃあ行ってきます」と家を出る父を見送り、

まさか二度と声が聴けなくなるとは。

残された母のショックは相当なものだった。


震災後、東北で逢ったかたの中には、同じように突然大切な人と

別れる事になってしまった境遇を話して下さるかたもいた。


私の母と同じように三人の子供を守りながら暮らしている

お母さんに物資を届けた事があった。

旦那さんは今でも、行方がわからないという。


三人兄弟の一番上のお兄ちゃんはしっかりしていた。

お母さんを支えるお兄ちゃん。だけどまだ小学生。

下の二人は、あの頃の私と妹と同い年。

元気すぎるほど部屋中をかけまわり、大声で笑うその姿に

安心するとともに、胸が苦しくなった。


母は、突然父を失って頭の中が真っ白になったと言っていた。

ショックのあまり後を追おうかと考えた事も0ではない、とも。


「でも、あんた達三人が、喧嘩し、泣き、騒ぐの。

 お腹すいたーって言うの。 何も知らずに、笑うのよ。

 この子達と、生きなくちゃと思った。」


と母から聞いた事がある。


出会ったお母さんも、同じ事を言った。

「泣いてる暇もないくらい、この子達をみている」


お母さんは私よりも若い。華奢で、こんなに辛い事があっては

心が折れてしまいそうな女性にも見える。

だけど、とてつもなく強い。


尊敬と、エールを。




岩手:命の恩人

2011年4月下旬、仕事をしている私の携帯に

メールがきた。相方さんからだった。


「雪にはまって動けません」


この日、相方さんは岩手県野田村に向かっていた。

野田村の支援物資の希望に「組布団がかなり不足している」と

載っていたので連絡をとり、ハイエースに積めるだけ積んで

持っていく事になっていた。

前日は盛岡に泊まり、朝から山を越えて海側に向かう予定だった。


この1ヶ月がれきがまだ残る道を走っていたせいで、

ハイエースのタイヤはじわじわとやられていた。

盛岡を出てすぐにタイヤのパンクに気付いた相方さんはスタンドで

補修をしてから山越えの道に入った。


山の天気は盛岡とは全く異なっていた。

ひとつカーブを曲がるごとに寒さが増し、チラチラと降っていた

雪は、大雪となっていった。


もうすぐ5月。東京ではもう寒さが和らいだ頃だった。

それに運んでいるのは毛布ではなく、春以降使う布団。

相方さんは迷惑にはならないようにと物資運搬を続けるに

あたり準備・計画をして動いていた。

岩手の天気も出発前から数日間チェックをしていた。

雪に、はまった?私はメールを見ても何が起こっているのか

すぐには理解ができなかった。


その後、数時間してもう一度メールが届いた。

「久慈まで来た。遅くなったけど、野田村に向かいます」


次の日東京に戻ってきた相方さんに聞いたところ、

橋は凍り雪は短時間でどんどん積もり、このまま進んで

下りに入ったら事故ると思い、山の途中で車を停めたそうです。


そこにはレストランがあり、ご夫婦がレストランの前の雪かきを

していて、相方さんを見つけて安全なレストランの敷地まで

車を移動してくれました。


そのレストランまでの道もその先も人がいるような

道は少なく、いわゆる山道。

場所が違えばどうなっていたか。


相方さんを救い、積載車が来るまでいろいろな事を話して

下さったご夫婦。

私達にとって、命の恩人です。


「こっちの山の天候も知らず東京からのこのこやってきて

 結局迷惑かけて、何なんだ。帰りやがれ!」


と思われても、言われても仕方がない出来事でした。

でも、ご夫婦も、積載車の方も、違ったのです。


ハイエースの後ろに積んでいるもの、行き先、皆さんは

相方さんを野田村に行かせたいと、親身になって

下さいました。


後日、相方さんと私と二人でそのレストランにうかがいました。

お詫びと、お礼を言いに。


お店に入り、普通に食事をしました。

すると、奥から奥さんが「あ、やっぱり。あの時の。ですよね?」

憶えていて下さいました。

話していると、旦那さんがお孫さん二人と店内に入ってきました。

「おー、君か。あっはっは」

同じ席に座り、コーヒーをごちそうになりました。

「あの後、どうだった?野田村には行けた?」

謝りに来た私達に優しい笑顔で接して下さり、

山側でこうやって暮らしている我々も、海側の事は気になる。

協力できる事は協力しているけれど、地元以外の人が

野田村を気にかけて向かってきてくれた、その事が嬉しかったと

話して下さいました。

その日もお店を出てから、久慈の方へ向かいました。

お別れの時。お店の外で皆さんにお見送りしていただきました。

本当に感謝しています。


「だから許された」とは思っていません。

ご迷惑をかけた事、準備が足りなかった事は事実で、

一歩間違えば大変な事になっていました。


この事を書くべきか、迷いました。

だけどいろいろな状況の中で暮らしているいろいろな方に

逢い、支えられ今日まできた私達です。

出会った多くの方の事を書き残しておきたいと思いました。


ご迷惑をおかけした事、申し訳ございませんでした。

そして、本当にありがとうございました。



心ちゃんは、なぜシンちゃんになったの?

2月9日、名前の由来は?


シンちゃんシンちゃんと書いていますが、

本当は「心ちゃん」です。


私達が石巻にいる心ちゃんに初めて逢った時から

彼は「シンちゃん」でした。

我が家に迎える事になり、名前をいくつも二人で

考えました。


だけど多くの方にシンちゃんとして親しまれ愛され

育ててもらっていたのだから、やはり新しい呼び名に

するよりも、これからもずっと「シンちゃん」と呼んで

育てていこうと決めました。


とはいえ、犬と暮らすという事に私達は何年も憧れて

いろいろな事を想像し、準備し、話し合ってきました。

名前を決めるという事にも楽しみな気持ちがありました。


そこでせめて「シン」という名前にあてる漢字には

二人の思いをこめようと。


シンと読む字はたくさんあります。

私達は「心」に決めました。


Don't Worry, Be Happy!

これからは、ここでも「心ちゃん」と表記しようと思います。


ところで、私達はなぜ彼がシンちゃんと呼ばれていたのか

知らないのです。

どなたがつけた名前なのか。

どういう思いでつけた名前なのか。


震災さえなければ彼とずっと暮らしていけた、

彼を助けてくれた、飼い主さんがつけたのでしょうか。

それともボランティアの方がつけたのでしょうか。


いつか機会があったら、聞いてみたい気もします。

ウンチキャッチャー vs シンちゃん

2月8日、毎日バトル。


ウンチキャッチャーという素敵アイテムを使うようになり、

雨の日でも少しゆるい日でも、さっととってパッとしまえる

ようになりました。

もう、手放せませんニコニコ


でもシンちゃんはキャッチャーが嫌な様子。


しっぽフリフリ「僕はクンクンしながらベストポジション探してるのよ?

  なんでキャッチしちゃうのよ。」

むっ「いやいやシンちゃんよ、本来は家でして欲しいのよ?」


シンちゃん、キャッチャーから逃れようとします。

いつものポーズになり、キャッチャーを差し出すとお尻をクルリ。

ちょっと位置をずらしてきます。


こちらも負けじとキャッチャーを移動。

にひひ「ふはは!今日も私の勝ちじゃ!」

しっぽフリフリ「んあー、よけたと思ったのにぃ」


Don't Worry, Be Happy!

毎日がバトルです(笑)

シンちゃん仕様にチェーンジ

2月7日、今日はシンちゃんよく寝ます。


仕事から帰ってきたら我が家はシンちゃん仕様に

なっていました。

フローリングゾーンにカーペットが敷かれ、

玄関を開けたら相方さんとシンちゃんがボール遊び

「もってこい」してました。

廊下がミニ室内ドッグラン状態(笑)


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0132.JPG
しっぽフリフリ「どう?昼間に二人でシンちゃん仕様にしたのよ。

  びっくりしたー?」

えっ「うん。びっくりした。でも『二人で』って、シンちゃんは

   なんもしてないでしょー」

しっぽフリフリ「そんな事より、ボール投げて投げてラブラブ

かお「いやいやシンちゃん、私は夜ごはんをつくらなくちゃ

   いけないから、遊べないよ」

しっぽフリフリ「けちー。相方さんに遊んでもらうからいいよーだ」


・・・シンちゃんご機嫌です。ここは廊下ですよ。


さて夕食も終わり、シンちゃんをケージから出そうと思ったら

シンちゃん爆睡です。

いつもは「出して!なでて!」と喜ぶシンちゃんも今日は


しっぽフリフリ「今日はもうたくさん遊んだからさ、寝かしてよ」

だそうです。

ぐすん、仕方ないけどさみしーしょぼん


そんなこんなで、我が家は日に日にシンちゃん仕様に

なってきております。

シンちゃん、ごめーん

2月6日、シンちゃん勘違い


相方さんも私もお酒が好き。

シンちゃんが我が家に来るまではよく外に呑みに

行っていました。


シンちゃんを迎えるにあたり、出来なくなる事。

その中の一つが呑みに行く事です。


ワンコ好きで外呑み好きの皆さんは「わかるー」という

感じだと思いますが、夜、自分が楽しむために家にワンコを

おいて出ていく、という事はとても申し訳なく感じます。


なので、私達は家呑みを楽しむ事にしました。

シンちゃんと一緒に。


今日はおいしいお魚を買って帰ってきました。

そしてお酒。シンちゃんのふる里、石巻の日本酒「日高見」です。


うーん、幸せラブラブ

シンちゃんにも、はい、これ。


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0129.JPG

しっぽフリフリ「たまらんな~~」


私達は大人得意げですが、シンちゃんはまだお子様にひひですので、

途中からウトウトしています。


しっぽフリフリ「んあー、眠いー。もう寝る!」

シンちゃん、ケージに戻ります。


あ、そうだ。例のやつ食べよ。

これ、我が家のお気に入りです。
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0128.JPG

チーズを食べようと、二人で袋をあけると

カサカサと袋が鳴り・・・

しっぽフリフリ「ん?ほねっこの音?」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0125.JPG

寝ていたシンちゃん、ムクリ。

かお「ちーがーうーよー」

食いしん坊のシンちゃんは、カサカサ音に敏感です。


外には呑みに行けなくなったけど、シンちゃんとの

生活は、最高でーすラブラブ

シャンプーしたよ

2月5日、シンちゃんをシャンプー


明日から雨の予報だけど、二人ともお休みの日なので

今日シャンプーしよ。


しっぽフリフリ「う~お湯がかかるとあったかいけど、そのあとが

   ちべたいよー」
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0121-1.jpg

そうだね。冷えないように、急ごう!
暴れずいい子でシャンプーされています。

しっぽフリフリ「首輪の所、気持ちいいからゴシゴシしておくれー」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0119.JPG

それじゃ、流しまーす。

流し足りないところございませんかー?

しっぽフリフリ「ございませんのよー」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0118.JPG

では乾かしまーす。まずはタオルでごしごし。

はい。いい子ですねー。

次はドライヤーです。

しっぽフリフリ「うひひ、くすぐったいっす」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0123.JPG

はい、肉球の間もよく乾かして・・・終了でーす。

にひひ「お疲れ様でしたー」

しっぽフリフリ「っしたー!」


お部屋に戻ってブラッシング。

シンちゃんフワフワです。


落ち着かせて、いい子にしていたご褒美をあげたら

しっぽフリフリ「昼寝でしょ!」

ニコニコ「はい、おやすみ」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0127.JPG

まんまる(笑)

シンちゃん、キレイキレイになりましたーキラキラ

underpath:たらりら

岩手の方々には「何をいまさら」という話題でしょう。

私は震災後、初めてこの歌を知りました。


もぐらんぴあ まちなか水族館に行く前に

久慈の道の駅のトイレによったところ、

この歌がかかっていたのを聴いたのです。

「この街がー好き♪この街がー好きー♪」

このフレーズが耳に、心に残りました。


いろいろな街バージョンがあるという事も、岩手のかたには

親しまれている歌である事も、家に帰ってきて

ネットで検索してから知りました。

そして、久慈バージョンはその道の駅で売っていた事も。


「遅っ!」ですけれどこの歌が、好きです。













晴海ふ頭公園に行ったよ

2月4日、晴海ふ頭公園に行ったよ



しっぽフリフリ「あ、ども。シンちゃんです。

  石巻のお天気はどうですか?

  今日の東京はとってもいい天気でしたよ。

  お散歩日和っていうの?

  だからどっか連れてってーってご主人達に言ってみたの。

  そしたら晴海ふ頭公園に連れて行ってくれたよ。」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0112.JPG


しっぽフリフリ「広ーい!僕いつも車や自転車に気をつけて

   お散歩しているのね。だから広い所とっても嬉しいんだ。

   ここは車来ないからね。

   それとさ、海も見えたしヘリコプターや船がいっぱい

   通ったから、僕『おーい、シンちゃんだよー』って

   挨拶したよ。」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0113-1.jpg


しっぽフリフリ「まわりはマンションだらけ。すごいね。

   ここにまたお散歩来たいから、どこかマンション買わない?」


えっ「え、買うの?む、無理・・・」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0109.JPG

しっぽフリフリ「ちぇーっ」


石巻の皆さん、シンちゃんは今日も


しっぽフリフリ「元気です♪」

GLAY:春を愛する人

2011年3月、私達は週末いわきに通っていた。


いわきに物資が届かない。との報道。

で、

個人での物資運搬は控えるように。との報道。

じゃあ、いわきに留まっている方々はどうなってしまうの?

東京からほんの200㎞の距離だというのに。

たくさん二人で話し合った結果、いわきに向かう事にした。


不審者と思われても仕方がないと覚悟を決めて行ったけれど、

何者であるか、なぜ来たか、代表である方に説明をすると

持ってきた灯油や衛生用品や食料や雑誌を快く受け取っていただけた。


出会った多くの方が「いわきは避けられている」と口にした。

それが悲しかった。

そうじゃないと、何とか伝えたくて車を走らせたけれど、

いわきへ続く道はいつもガラガラだった。どうしてこんなに少ないの。

苛立ち、悔しかった。


茨城では茨城の、福島では福島のラジオを聴いて情報を集めた。

ラジオでは多くの情報と共に、多くの歌が流れていた。

「今、私が聴きたい歌」というリクエストで選ばれた歌が多かった。


通い始めてすぐの頃は、悲しみの中にいる人達に向けた

静かで穏やかな歌がかかることがほとんどだった。


そんなある日の帰り道、この曲がかかった。


気持ちをしっかりと持たないと、悲しみや怒りでいっぱいになって

しまいそうだった頃。

この曲を聴いて、えー何と表現したらいいか・・・


ガチガチになりそうだった心が、ほぐれた。

これからやってくる季節を、思った。

そして私達にいろいろな事を話してくれた皆さん、

車が見えなくなるまで手を振ってくれた皆さんを想った。


この曲が、好きです。

明日は立春なので、このひとりごとを書き残しておきます。




テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

福島:ままどおると日本酒

私達はままどおるが大好き。


震災後、SAから姿を消したままどおる。

商品棚に貼られた説明書きを読んで、悲しくなった。

でも復活まで、本当に早かった!!

ネット上でも復活を祝う言葉をたくさんみました。

2011年私達が食べたままどおるの本数はハンパない事に

なっていました。

1月29日、もちろん買って帰ってきましたよ。


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0100.JPG

それから、日本酒お酒


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0097.JPG
ペンションで呑んだ奥の松の日本酒、呑み比べセットお買い上げ~

すでに空瓶。旅の余韻を味わいました。


そして、こちらは会津若松の「はいらんしょ」でよく呑む京の華
Don't Worry, Be Happy!-DSC_0099.JPG

素敵な立ち姿ですラブラブ


いつも感動をありがとうございます。これからもファンです。


フレー!フレー!三万石!!

フレー!フレー!奥の松!!

フレー!フレー!辰泉!!

シンちゃんと初旅行・4

シンちゃん同様、私達もはしゃいだので( ´艸`)

お腹ペコペコ。


旅の不安の中の一つ、レストランで他のワンコさんたちに

びびってしまわないか。という事が気になり、早めにレストランにナイフとフォーク


まだ誰もいない中、まずは相方さんの足元で落ち着かせます。

するとぞくぞくと他のお客様がワンコさんとやってきました。

いつもなのか、たまたまなのか、大型犬・超大型犬を連れたかたが

多い。そしてお隣の席にはとっても大きなワンコさんが。

40キロあるとの事で、私達もびっくり!

しっぽフリフリ「うわーーーみんなおっきいーー」


Don't Worry, Be Happy!-DSC_0096.JPG
(オーナーさんのカメラで撮っていただいたお食事中のシンちゃん)


シンちゃん、緊張しつつもいい子にしています。ホッニコニコ

私達もたくさんのワンコさんにかこまれながら

とってもおいしいお料理と、ビールで大満足。

お料理を運んできてくれる時、オーナーさんが声をかけて

くれます。「おーシンちゃん。いい子にしてるねー。いい子だねー。」

不安が大きかった分、嬉しかったなぁラブラブ


その後お部屋で休み、ドッグランのナイターへ。

夜も遊んでいいって、すごい!


Don't Worry, Be Happy!


シンちゃん、もう疲れたかな?と思ったけれど、全然でした。

フワフワと降る雪の中、さっきよりも元気に雪遊び。

またまた広瀬香美タイム(笑)ゲッダンしていました。



Don't Worry, Be Happy!


貸切の露天風呂もあり楽しみにしていたのに、遊びすぎて

相方さんも私も、シンちゃんも部屋に戻ると爆睡してしまいました。


次の日の朝はペンションの裏にある秘密の沼へ。

一面が凍り、その上に雪が積もり、

超おっきなドッグラン状態でした。


しっぽフリフリ「雪サイコー!福島サイコー!」

ニコニコ「そうだね^^」


初めての旅行を素晴らしい思い出にして下さったペンション

フットルースの皆様、そしてシンちゃんも私達もあたたかく

迎えて下さったお客様と先輩ワンコ様、本当にありがとうございましたキラキラ

プロフィール

hototogisu4

Author:hototogisu4
<心ちゃん>
我が家の坊っちゃんです。
宮城うまれの心ちゃんは
雪が大好き!

捨て犬だったので正確な
誕生日はわかりませんが
年末年始頃にうまれたと
思われます。
我が家で迎えた12月27日
を心ちゃんのお誕生日と
しようと思います。
2010年12月27日うまれの
心ちゃんは、
6歳7か月になりました。

<相方さんと私>
心ちゃんとワーワー暮らす
二人です。

最新記事
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
カウンター